2010年10月09日

●「集中」の力を活かす

「集中」にも二種類あります。
一つ目はまとまった時間をしっかり取る「物理的な集中」で、もう一つは、自分に関連のある分野に絞る「対象の集中」です。

雑用を隅にまとめて、真ん中にできたまとまった時間に集中して仕事をする。
思いのほか、効果が上がる。

また、仕事の勉強では「モニタリング」という大枠ではなく、「モニタリングに必要な臨床検査の知識」を習得しようという対象を限定する。
これまた、効果が高い方法となる。


集中の効果と、睡眠時間を有効に使い、時間をひねりだす。
ひねりだした時間を使って、自分を変える。
自分を変えるところから、プロフェッショナルへの道はスタートする。





■ホーライ製薬(架空の製薬会社の日常)
http://horaiseiyaku.seesaa.net/


■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/


■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/


■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/

posted by ホーライ at 06:38| Comment(0) | 20代の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。